デジャブ

昔から「デジャブ」が多い私。
夜、寝ている間に見る夢が現実になると言う不思議な現象が多々起こります。
それは今始まった事ではなく、幼い頃から日常的に起きることだったので、それが当たり前だと思っていましたし、周りのみんなも同じだと思っていました。しかし物心ついて人に話すようになると、不思議な目でみられるようになったので、人に言って「嘘」だと思われるのも嫌だし、変な奴だと思われるのが恐いから、本当に信頼できる人にしか話さなくなりました。しかし今でもそれは続いています。、見る夢の内容が時を経て現実になるんです。

ある日は夢でみた光景が現実になっていたり、またある日は夢でみた会話が現実におきたり、夢でみた場所だったり、夢でみた人だったり、内容は様々なんてすけど。
いつもデジャブが起きる瞬間は変な感覚に襲われます。

まるで「走馬灯」と言われるもののように、脳の中の思考回路が過去にかけのぼり、スライドショーみたいに忘れ去っていたあの日の夢、夢を見た日の自分の記憶へとタイムスリップ。一瞬にして、はるか昔に見て忘れ去っていた、夢を思い出します。

その瞬間は、アドレナリンとかドーパミンが出るのか、フワフワして気持ちが良くて暖かい気持ちになります。とても不思議な感覚です。

例えば、初めて旅行に行った先の初めて泊まる旅館がデジャブで、隣の部屋の作りや庭の光景が見なくても分かり、見てみると全く夢と同じ風景だったり、最近友達になった人の夢を、その人と知り合う前に見ていた事に気が付いたり…

デジャブは突然起こるので、起こった時に夢の全てを思い出すのですが、最近は悪いことが起きる前や危険を察知してデジャブが起き「警告」してくれるような事もあります。

自分でも、それが何なのか分かりませんし不思議でなりませんが、本当なんです。

最近はデジャブに助けられることも多いですし、ご先祖様や守護神と呼ばれる人達が、きっと私を見守っていてくれて、教えてくれているのだろうと、感謝するようにしています。

Comments are closed.